2013年1月19日土曜日

LEAF to Home


使い方は、タッチパネルでとても解りやすいですね。
充電、給電、ロック解除多少タイムラグがあるが慌てずゆっくり
大きな電流を扱うのだから仕方ないでしょう。
ケーブルを7メートルの長いタイプにしたら取り回しに結構力がいりますね。
ホルダーカップの部分に巻き付けるのにもコツがいります。
毎朝家に給電する時にコードをセットするのは、かなり面倒がかかる。

将来的には、車を止めたら駐車場の地面から車とをつなぐ接続アダプターが
自動的にセッティングされると便利ですよね。

充電器としてのリーフトゥーホームの性能は、悪くないですね。
40パーくらいの残りからのフル充電は、ストレスが無かったなぁ。
家で用事をしてテレビ付けておやつ食べて1時間ちょっとの感覚でしたね
ちゃんと時間はかれば良かった。
毎回思っていた時間より早くフル充電してくれてます。

最初に付けた充電器は、普通充電でしたね、これは、バッテリーに負担がかからないので
夜中使ってますね、朝には、終ってますからね。

リーフトゥーホームは、日中一度出かけて戻って来てからもう一度出かける時に
重宝ですね。家庭でこんなに早く充電出来れば充分ですね。

給電は、メーカーの試算一ヶ月330KWって言うのが低すぎる。
我が家は、1600KWでお店部分が約半分として800KW
絶対に一日まかなう事なんて無理ですよ。

それでも、付けて良かったと感じる事の出来る機械ですね。
凄い機械だと思います。リーフのバッテリーで家の電気が点くなんて
凄い事だと思います、

1 件のコメント:

  1. はじめまして。
    先日はご来訪ありがとうございました。
    リーフトゥホームは快調に稼働していますでしょうか。

    ウチではどうにか夜間充電、昼間給電のサイクルが成り立っています。
    多少不便な点もありますが、節電効果は確かに出ていますね。
    仰られるとおり、動いていないクルマを有効利用する凄いシステムだと思います。

    ケーブル、確かに重たいし、巻き取りも面倒ですよね。
    ウチではガレージ内に設置していることもあって、ほとんど巻き取ることは無くなりました。(笑)
    このへんの取り回しはなかなか改善しづらいでしょうから、やはり早々の非接触充電システムの実用化と普及が望まれますね。

    まだまだ出たばかりの機械ですし、良いこと、悪いこと色々ありますが、それも楽しみの一つとして付き合いたいですね。

    http://air.ap.teacup.com/rrc02/

    返信削除